クレジットカードがなくても大丈夫!海外でカード払いができるプリペイドカードとは?

オープンとVISA加盟店の表示を掲げる店

海外に行ってショッピングをするときには、カードでの支払いが便利です。日本ほど治安が良くない海外では、現金を持ち歩くにはリスクがあります。しかし、クレジットカードを持っていない、または持ちたくない方もいると思います。そのような方におすすめしたいのが、海外用プリペイドカードです。

海外用プリペイドカードの比較とおすすめ

海外用プリペイドカードの特徴

海外でたくさんの現金を持ち歩くのは危険です。また、日本円を現地通貨に両替しなければなりません。両替には手数料がかかりますが、場所によってはレートが割高なこともあります。

何かと不安な現金と違い、海外での買い物に便利なのがクレジットカードです。海外はクレジットカードに対応している店舗が多く、また大金を所持する必要もないので大変便利です。

しかし、クレジットカードはついつい使いすぎてしまうことがあります。現地通貨での支払いのため、金銭感覚が狂ってしまったり、海外で気分が浮かれてしまったりして、帰国後に高額な請求が来る…ということも。

また、人によってはクレジットカードを持っていない・持ちたくないという方もいます。そういった方も、多くの現金を持ち歩くのは考えものです。特に未成年者の場合、クレジットカードがないからといって現金を持たせるのは、泥棒にとってはまさに「鴨が葱を背負ってくる」状態です。日本人にとってたいした金額ではなくても、国によっては大金の場合もあります。

そこでおすすめなのが、海外用プリペイドカードです。海外で大金を持ち歩くのは怖い…でもクレジットカードは持っていないという悩みをバッチリ解決できます。

本人確認できれば作れる

海外用プリペイドカードは、本人確認ができれば誰でも作成可能です。なお、完全に審査なしというわけではありません。「規定による審査あり」という記述があるところもあります。とはいえ、クレジットカードのような厳しい審査はなく、審査に落ちることはまずないでしょう。

両替の手間がない

出発前や帰国後に、通貨を両替する手間がありません。空港で両替カウンターの列に並んだりする必要がないのは便利ですね。また、ドルやユーロなどのメジャーな通貨以外は、現地で両替することになる場合もあります。そうすると手数料が割高なこともありますが、プリペイドカードならそういった心配はありません。

支払いに使える

世界中にある加盟店での支払いに利用できます。支払いの際は、暗証番号を入力するか、サインをすればOKです。支払いに使えるのは、キャッシュカードとの大きな違いです。

現地ATMで引き出せる

対応している海外のATMで、現地通貨を引き出すことができます。大金を持ち歩かずに、必要なときに引き出せば安心です。クレジットカードでは、キャッシングになってしまいます。

追加入金できる

海外に行った子供にプリペイドカードを利用させる場合などは、日本にいる家族が追加で入金することができます。一度に大金を入れておくのは心配、現地でお金がなくなってしまったといったときは、後から入金できると便利です。代理人登録を行えば、本人以外も入金できます。

クレジットカードとの違い

入金した金額以上は使えない

プリペイドカードは、口座に入金した金額までしか利用できません。口座にお金がなくても利用できるクレジットカードと違い、想定以上の支払いをすることはできません。一方プリペイドカードには、使いすぎる心配がない、盗難されても被害が少ないというメリットがあります。

高額な買い物の支払いには使えない

1回の支払いできる金額の上限が決まっているため、100万円を超えるような高額なショッピングには利用できません。

海外旅行傷害保険はない

クレジットカードには、海外旅行傷害保険がついているものがあります。保険に入っていれば、万が一病院にいった際などに保険が適用されます。また、盗難保険があるものもあります。プリペイドカードにはそのような機能はないため、別途保険に加入する必要があります。

キャッシュカードとの違い

支払いに利用できる

キャッシュカードには支払い機能がついていないものが多いので、基本的には支払いに利用することはできません。

国内のATMでは使えない

キャッシュカードは国内でも海外でも同じ口座を利用できます。しかし、プリペイドカードは国内のATMで利用できないものが多く、海外でのみ利用できます。

プリペイドカードのメリット

  • 大金を持ち歩く必要がない
  • 誰でも作れる
  • 両替よりも手数料が割安
  • カード払いができる
  • 現地のATMから引き出せる
  • 支払いに暗証番号が必要なため、不正利用しにくい
  • 不正利用されても入金した金額以上の被害はない
  • 追加入金できる

デメリット

  • 1回の支払い・引出の上限がある
  • 入金した金額以上は使えない
  • 日本国内では使えないものもある

まとめ

海外での支払いはカード払いが便利です。プリペイドカードは誰でも使うことができ、使いすぎる心配がありません。また、盗難されても被害が比較的少ないです。クレジットカードがない方はもちろん、クレジットカードを持っている方もプリペイドカードがあると便利です。以上、「クレジットカードがなくても大丈夫!海外でカード払いができるプリペイドカードとは?」をご覧いただきありがとうございました。

海外用プリペイドカードの比較とおすすめ