スーツケースのパッキング6つのコツ 上手に収納する方法

スーツケースと猫

旅行に行く際、何を持って行くか悩みますが、どのように持って行くかということも同じくらい悩みませんか?できればより多くの荷物を効率的にスーツケースに収納したいところです。スーツケースに荷物をどう入れるかによって、収納できる荷物の量は大きく変わります。パッキングのコツを覚えてより多くの荷物を整理して収納しましょう。

スーツケースのパッキング 6つのコツ

1.重いものは下に入れる

スーツケースのパッキングのコツ「重いものは下に」
スーツケースは縦にして持ち運ぶことが多いため、重い荷物を下に入れます。 重い荷物を下に入れることでバランスが安定し、倒れにくく運びやすくなります。 本やデニムなどの重くて型崩れしにくいものを下に入れます。

2.お土産を入れるスペースは空けておく

準備の時点でスーツケースがパンパンだと、帰りは苦労するでしょう。 旅行先では、予定以上にお土産などを買ってしまいがちです。 だから、できるだけ行きの荷物は最小限にして、お土産などのスペースを確保しておきましょう。 少なくとも4分の1はお土産用に空けておくと安心です。

どうしてもスペースが確保できない場合は、お土産用のバッグを用意することがおすすめです。 スーツケースやハンドバッグとは別に、お土産を入れるためのバッグをスーツケースに入れておけば、多少お土産が多くなっても心配ありません。 お土産をこのサブバッグに入れて、飛行機に手荷物として搭乗すればいいのです。 スーツケースに入れやすいように、折りたためるバッグがおすすめです。 スペースに余裕がある場合でも、念のためにサブバッグがあると安心です。

3.割れ物はタオルや服で包む

割れ物は、できるだけスーツケースに入れずに手荷物として持っている方が良いですが、どうしてもスーツケースに入れなければならないときもあります。 そのようなときは、タオルや衣類で厚くくるんで、スーツケースの端に入れます。

そして、周りの衝撃から守るように荷物を詰め、なるべく動かないようにします。 タオルなどでくるんでも、スーツケースの中で動いてしまうと、動いた拍子に中のものとぶつかるなどで割れてしまう恐れがあります。もちろんこの方法も完全とは言えませんが、割れ物を入れる際は細心の注意が必要です。

4.衣類は丸める

衣類はクルクルとロール状に丸めて荷物の隙間に入れます。 丸めることによって、省スペースになり、しわにもなりにくくなります。

また、別の方法として衣類をスーツケースに合わせてたたむというやり方もあります。 衣類をスーツケースに一枚ずつ平らに重ねていきます。 スーツケースからはみ出た部分はそのままにします。 その上に他の荷物を入れていき、最後にはみ出た部分でふたをするように乗せます。

5.小物は収納ケース


旅行に持って行く小物は、種類ごとにまとめてポーチなどの収納ケースにまとめると便利です。 使うときに探す手間が省けますし、パッキングもしやすくなります。

6.冬服には圧縮袋

冬服のセーターやフリースなどはどうしてもかさばってしまい、スーツケースに入れられる数が少なくなってしまいます。 そんなときに役立つのが、衣類用の圧縮袋です。 圧縮袋を使うことで、入る量が格段に増えます。 圧縮袋は100均などに売っています。

まとめ

スーツケースはパッキングの方法によって、入る量が変わります。 しかし、入れすぎて航空機の重量制限に引っかからないように注意してください。 また、貴重品はスーツケースに入れずに必ず手荷物として機内に持ち込みましょう。