LCC(格安航空)って何?LCCの特徴とメリット・デメリット

飛行機から見た雲の上の写真

LCCとはローコストキャリアの略で、格安料金で利用できる航空会社のことです。JALやANAなどの大手航空会社(レガシーキャリア)に比べて、利用料金が大幅に安いことが特徴です。

LCCとは

LCCは一般に格安料金で利用できる航空会社を指しますが、どの航空会社がLCCに含まれるかはっきりと決まっているわけではありません。なので、格安航空券を提供している航空会社はLCCと考えれば良いと思います。

主なLCC

日本のLCC

日本では海外に比べてLCCの普及が遅れていましたが、規制緩和に伴い現在ではいくつものLCCが運航しています。LCCの発展により、日本各地への飛行機による移動が低価格化して活発になっています。

  • スカイマーク
  • エアードゥ
  • ソラシドエア
  • ピーチ
  • バニラエア
  • など

海外のLCC

海外でもLCC間の競争は活発で、韓国や中国のLCCは日本国内の路線にも参入しています。

  • ジェットスター
  • ジンエアー
  • エアプサン
  • 済州航空
  • 春秋航空
  • ライアンエア
  • イージージェット
  • サウスウエスト航空
  • など

大手航空会社(レガシーキャリア)

レガシーキャリアは、後発サービスのLCCに対して、既存の航空会社を指します。もともとは国営だった航空会社もあり、LCCとは違う充実したサービスが売りです。

  • JAL
  • ANA
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空
  • アメリカン航空
  • エミレーツ航空
  • エールフランス
  • ルフトハンザドイツ航空
  • 中華航空
  • 大韓航空
  • カンタス航空
  • など

LCCのデメリット

LCCには、大手航空会社と比較すると見えてくるデメリットがあります。

サービスは最小限

LCCは、機内サービスを廃止または有料にすることでコストカットをしています。機内食やブランケットの貸し出しは大手航空会社では無料ですが、LCCでは有料になります。

座席モニターなどのエンタメ機器もはじめから設置していない事が多いので、必要なら自分で本やタブレットなどを用意することになります。

手荷物についても、無料で預かる規定を厳しく設定し、規定外のものは有料というLCCが多いです。したがって、荷物が多い・大きい場合は航空券以外の出費があります。

こういったサービスを利用して追加料金を支払う場合、結果的に大手航空会社の方が安かったということもありえます。LCCでは有料になるサービスを利用することを考えているのであれば、大手航空会社の航空券もチェックした方が良いでしょう。

キャンセルや変更は不自由

LCCは、予約のキャンセルや座席・便の変更はできない(=キャンセル料100%)のが一般的です。

飛行機まで遠いことも

LCCは空港使用料を抑えるため、条件の良くない場所に飛行機を駐機することが多いです。そのため、空港から飛行機まで・飛行機から空港までの移動が遠いことがあります。

その場合、飛行機に搭乗する際にタラップを使用します。

座席が狭い

LCCは、大手航空会社に比べて座席が狭いです。長時間はきついかもしれませんが、すぐにストレスを感じるほど窮屈というほどではありません。

また、座席指定ができないまたは有料・座席クラスはエコノミークラスのみといったこともあります。

快適にくつろいで空の旅を満喫したい場合は、大手航空会社がおすすめです。

比較的遅延が多い

LCCは大手航空会社と比較して遅延が多いことが知られています。これは、LCCが運航スケジュールの間隔を詰めていることが原因です。

間隔が短いので、一つの便に遅れが生じると後続の便が立て続けに押し出されてしまい、結果として遅延ということになってしまいます。

ビジネスなど時間厳守が必須という場合は、大手航空会社の方が安心できます。

欠航

LCCは保有機体が少ないなどの理由から、大手航空会社よりも欠航が発生しやすいです。欠航した場合の他社の便への振り替えもなく、自分で代わりの便を手配することになります。

格安航空券比較サイトなどを利用すれば簡単に他の便を予約することができますが、時間に余裕がない場合などは多少割高でも大手航空会社を利用した方が良いでしょう。

LCCによっては、欠航が少ない会社や欠航時のホテルを手配してくれる会社もあります。

LCCのメリット

デメリットが複数あるのに対して、LCCのメリットはほぼこの一点のみです。

安い

安い!LCCのメリットとこれに尽きると思います。それも、ただ安いだけでなく、圧倒的に安いのがLCCです。

前述したように、LCCにはデメリットがありますが、それらをすべて吹き飛ばすほどのメリットです。

航空券を安く抑えることができれば、渡航先で別のことにお金を使うことができます。飛行機代を抑えて、浮いたお金をこのように使うこともできます。

  • ワンランク上のホテルに宿泊する
  • 高めのレストランで食事をする
  • ショッピングを楽しむ
  • 現地でしかできないアクティビティを体験する

大手航空会社と比較して、数万円以上も安くなることも珍しくないLCC。数万円あれば、できることはたくさんあります。

まとめ

LCCは大手航空会社と比べて圧倒的に安い料金で利用できます。その一方で、大手航空会社には当たり前にあるサービスがないなどのデメリットもあります。

LCCと大手航空会社それぞれにメリット・デメリットがあるので、旅の目的などを考慮して自分に適した方を選ぶことが大切です。

飛行機の翼越しに見える景色

LCC(格安航空会社)が安い10の理由

2017年6月18日